爪の病気 症状・予防・治療
〜あなたの爪は健康ですか?〜


爪の病気と言えば、巻き爪が一般的です。 しかしながら、爪水虫や陥入爪等にも、知らず知らずの内にかかっている恐れがあるかもしれません。 爪は、体調の変化を教えてくれます。爪に異常が発生したときには、何かしらの病気、疾病を疑っていもよいかもしれません。


■巻き爪
巻き爪とは、何かの原因で真っ直ぐだった爪が巻いてきて、指の肉に食い込んでしまう病気です。 足の指が巻き爪になってしまうと、その痛みで歩行困難になったり、睡眠を妨げられたりと、普段の生活にとても影響します。


◆巻き爪の原因と予防

・爪の切り方
巻き爪の原因で、一番にあげられるのが、深爪です。 深爪の状態で、足の形にあわない靴をはいたり、サポート力の強いストッキングをはいたりして、爪のまわりを圧迫していると、爪のまわりの肉が盛り上がり、巻き爪になってしまいます。 爪を切るときは、深爪にならないようによく気をつけて切れば、巻き爪予防になります。 足をふんばるようなスポーツをしている人は、爪を切る時には丸いラウンドカットにはせず、少し長めのスクエアカットにすることで、爪が巻いて肌に食い込むことを防ぐことができます。

・遺伝や体質
薄い爪や、爪の形が少々変形していると、巻き爪になりやすいそうです。 巻き爪が直接そのまま遺伝するというよりは、爪の形の遺伝が原因として考えられるので、両親が巻き爪で悩んでいる人は、ご自分も巻き爪になりやすい因子があるということなので、注意が必要です。

・靴や靴下
巻き爪になりやすい靴といえば、女性がはくパンプスや、ハイヒールです。 つま先部分が細くなったデザインで、「指が圧迫される」状態が長時間続くと、巻き爪になる危険があります。 また、サポート力が高い靴下やストッキングを常用していると、つま先が常に圧迫された状態になり、爪が伸びるときに肉にめりこんでしまい、巻き爪の原因になります。 立ち仕事のように、長時間パンプスを履き続けなければいけないような場合には、休憩時間には靴を脱いで足をリラックスさせるとか、ヒールの低い靴を選ぶとか、少し工夫することで巻き爪は予防することができます。


◆巻き爪の治療

比較的初期の段階で症状に気がつけば、コットンパッキングなどで、自分でケアをすることもできるようです。 巻き爪の治し方には、大きく分けて矯正と手術の2通りあるようです。 このどちらの治療法を選ぶかは、専門医に症状を診てもらい、きちんと相談したうえで決めるとよいでしょう。 症状が進行し過ぎているような場合には、矯正は難しいようです。

・コットンパッキング
自分でできる対策として、一時的な処置ですが、コットンパッキングという方法があります。 肉の部分に爪が食い込んでいっているところに、米粒ほどの大きさの乾いた綿をつめておくという方法です。痛みの緩和などの効果があります。

・矯正法
巻き爪の治し方として人気なのは、痛みを伴わない矯正のようです。 矯正には超弾性ワイヤーを使用するもの、形状記憶合金を使用するもの、などがあります。

・手術法
手術にも鬼塚法や、最近主流となっているフェノール法などのやり方があります。


◆病院選び

巻き爪はきちんとした病院で治療を受けた方が結果的に早く治ります。 巻き爪の治療は一般外科や形成外科、整形外科、もしくは皮膚科などで行ってもらえます。 自宅に近いとか、評判がいいとか、病院選びは、人それぞれの理由があるとは、思いますが、すぐに手術を勧める病院よりは、巻き爪の矯正プレートやワイヤーなどによる、矯正治療を重視している病院の方が良い思います。 巻き爪の治療としては、手術よりも矯正のほうが、時間はかかるものの、痛みがない上に治癒が確実といえるからです。


■陥入爪
爪の角がトゲのように軟部組織(肉)に刺さって、炎症を起こした状態をいいます。 そして、炎症や感染を繰り返し「巻き爪」になっていきます。 正しい靴を選び、正しく爪を切り、足を清潔に保つことで予防、治療できますが、症状が悪化して腫れや膿が止まらなかったら医療機関を受診して下さい。


■爪水虫
爪水虫は手足の水虫が進行し、爪の間に白癬菌が侵食して、爪自体が水虫となっている症状をいいます。 その症状は様々ですが、爪が白く濁ったり、変形したり、ぼろぼろ欠けたりすることが特徴です。 爪水虫は、身近な人にうつしやすい感染症です。爪水虫にかかった爪は、いわば白癬菌の貯蔵庫のような役割を果たしており、常にまわりに白癬菌をばらまいています。 治療しない限り、家族への感染を絶ち切ることはできません。大切な人たちのために、まずはすぐに皮膚科を受診してください。


■爪から病気を知る
爪は昔から健康のバロメーターとされてきた場所です。 爪の根元の三日月状の白い部分は、爪半月とよばれます。 この爪半月が大きいと健康で小さいと不健康であるとよくいわれます。 しかし、あくまでこれは俗説であり、医学的には何ら根拠がある話ではないのだそうです。 ですから、爪半月が大きくても小さくても、全くなくても何も心配する必要はありません。 それよりも、爪全体の発育状況や色、形に注目しましょう。


◆爪の色

・薄いピンク色
健康な爪は、毛細血管の色が透けて見えるため、全体に薄いピンク色です。

・赤色
ピンクを通り越して真っ赤な爪は、多血症を知らせています。 脳血栓や心筋梗塞を引き起こす危険があります。

・白色
血色のない白い爪は、貧血気味の場合があります。

・黒っぽい紫色
黒っぽい紫色になっている爪は、唇にも現れるチアノーゼ状態を知らせています。 悪性の貧血、心臓病の可能性があります。


◆爪の発育

爪は、1ヶ月に3〜4mmとゆっくりのびていき、約5ヶ月で生え変わるものなので、爪に異常があれば、その部分が作られた時期の健康状態がわかります。

・伸びが遅い
爪の伸びが遅い場合は偏った食生活による栄養不足です。

・伸びない
爪がほとんど伸びず、色も悪くてガタガタの人は、リンパの流れが悪く、重大な病気の可能性があります。

・横スジがある
爪に横スジが入っている場合、そのスジが入ったときの健康状態が悪かったことになります。 例えば、根本からおよそ5mのところに横スジが入っていれば、1ヶ月半前に体の調子が悪かったということになります。 体調不良やストレス、病気や不規則な生活などがなかったか振り返って下さい。

・縦スジがある
縦スジは加齢によってできるもので、それほど気にする必要はありません。 ただ、無理なダイエットによる栄養不足や病気などでも現れることがあります。

・われやすい
貧血ぎみ、血行不良の人は、血液によって爪に届けられる栄養が不十分なため、弱く、われやすくなっています。 冷え性の人も、指先の血行が悪く、爪がわれやすくなってしまいます。


◆爪の形

・ヒポクラテス爪
爪甲が指の先端を丸く包み込むように曲がった状態をヒポクラテス爪といい、爪自体も大きくなります。 肺気腫、慢性気管支炎、あるいは肺ガンなどの重い病気の可能性もあるので、注意が必要です。

・反り返った爪
反り返って、スプーンのように中央がへこんだまま伸びる爪は、鉄の欠乏による重い貧血に悩む、女性に多く見られます。 子宮筋腫、子宮内膜症、消化器での出血などの可能性も考えられます。

本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--n0x.jp/">爪.jp</a> でリンクしてください。
©2004-2017 身体.jp | 前ページに戻る プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ